ネットワークエンジニアが教えるスマホ塾

Androidスマホ・格安SIM・ネットワークについて、現役ネットワークエンジニアの視点をからわかりやすく簡単にお届けするブログ

新サーバへ移行中のため、動作が不安定になる可能性があります。
こちら→https://nw-memo.com/

【Snes9x EX+】スマホでスーパーファミコンをしよう!Bluetoothコントローラー接続編

2020年04月04日
スマートフォン 0
最近はゲームのリメイクラッシュが続いていますね!FF7とか聖剣伝説3とか楽しみすぎますね!

30代や40代の方にとっては、スーパーファミコンは最もやり込んだハードなのではないでしょうか?

そんなレトロなスーパーファミコンをスマホのアプリ[SNES9x EX+]でプレイする方法をご紹介しようと思います。

スマホの画面をタッチすることでスーファミをプレイできるにはできるのですが、画面タッチプレイ向けではないので、

今回はBluetoothキーボードを接続してみたいと思います。


今回使用しているものは以下です。
 ・スマートフォン:OPPO Reno A
 ・Bluetoothコントローラ:iPEGA Bluetooth gamepad







Wiiコントローラー接続については以下を参考にしてください。

スマホでスーパーファミコンをしよう!Wiiリモコン接続編 - スマートフォン

あの懐かしのスーパーファミコンがスマートフォンでプレイできるって知ってました??最近では、スーパーファミコン等の昔のソフトをリメイク、移植という形でプレイ出来るような環境が整えられつつありますが、そんなことをしなくっても無料で名作を楽しむことができるんです。...




  • Bluetoothコントローラを接続

  • スマホアプリ「Snes9x EX+」をダウンロード

  • 設定を確認しよう

  • ソフトを起動※1

  • Let's プレイ!



(※1)注意:スーパーファミコンのROMが手元にある事が前提です。
ROMの入手方法等はここでは説明しません。自己責任でお願いします。


Bluetoothコントローラを接続


今回私が使用しているのが、以下のiPEGA Bluetooth gamepadになります。良さそうな商品をAmazonで買いました。
ボタン押してからの遅延がほぼなく、ボタンが押しやすいという最低限の条件はクリアできていると思います。
なのでほぼスーパーファミコンのコントローラと同じ感覚でプレイできましたよ!

blue1.jpg

このコントローラにスマホを乗っけたらこんな感じです。

blue2.jpg

指紋ベタベタなのは勘弁してください。コロナの影響でアルコールで拭いたらこんな感じになってしまいました。。。

コントローラから上に伸びる固定バーでスマホを挟んでる感じです。

一つ残念なのは、最新の商品ではないので、充電端子がmicroUSBなのです。

最近のスマホはType-Cなので共有できないことだけが残念でした。(特に影響ないですよね!)


blue3.jpg

かなり固定されるのでずれる心配はないですね!!

で、さっそくbluetooth接続してみましょう。

1.スマートフォン側でBluetoothをONにする。

2.コントローラ側で、真ん中に位置するhomeボタン+Xボタンを長押しする。
  (真ん中のsearch-LEDが高速で点滅する)

3.スマートフォン側で周辺機器デバイスを検索すると、[ipega gamepad controller]が検索され表示されるので、タップする。

4.接続完了(コントローラのLED点滅が止まり点灯すればOKです。)

※なお、各種コントローラによっては上記の動作は異なります。






スマホとコントローラが接続完了したので、次はアプリをダウンロードしてみましょう♪




スマホアプリ「Snes9x EX+」をダウンロード


ダウンロードは以下です。

こちらのSnes9x EX+は、非常に扱いやすく再現度も高い、私個人的にも最もおすすめなスーファミアプリです。

ダウンロードするとストレージへのアクセス権限を確認されますが、「許可」としてください。

ソフトを読み込む際にストレージへのアクセスを必須とするためです。

(セキュリティ的に問題があるわけではないですよ!笑)

インストール後はアプリを開くと以下のような画面になると思います。

snes9x1.png

英語なので(?)最低限必要な個所に絞って簡単に説明しておきます。

「Load Game」…自身が持っているROMファイルを読み込みます。
複数のROMを持っている場合、ここで読み込むROMを選択します。
(実機でいうと、カセット選んで指して電源ON、というところですね。)


「Recent Game」…直前にプレイしていたROMを読み込みます。

「On-Screen Input Setup」…画面上に表示されるボタンの設定を行います。
別途Bluetoothコントローラを接続する場合、画面上のボタンは不要なので、こちらでボタン表示をOFFにすることができます。


「Key/Gamepad Input Setup」…Bluetoothコントローラ(Gamepadともいう)を接続した場合のボタンの割り当て等が可能です。

基本的に触るのは上記くらいでOKです。






基本的にスマホ画面は横になるので、画面の自動回転をONにしておきましょう。




設定を確認しよう


先ほど説明した「On-Screen Input Setup」を開いてみましょう。
snes4.png

一番上にUse Virtual Gamepadとありますので、OFFにしてしまいましょう。

これがONですと、画面上にボタンが出てきて若干邪魔です。。

次に、「Key/Gamepad Input Setup」を開き、一番上の「Auto-detect Device To Setup」を開きます。

すると以下のような画面が出てきますので接続されたコントローラのいずれかのボタンを押してみてください。

snes5.png

すると以下の画面に移ります。

「Profile」をGeneric Gamepadに変更してください。

そしてボタンを割り当てていきます。ボタンの割り当てを行わないと、ボタン押しても全く機能しませんので必ずお願いします。

(Amazonの評価コメントで、Bluetooth接続できるけどボタン押しても無反応だから評価★☆☆☆☆みたいな方はボタン割り当てをできない方なのかもしれませんね。。。)

snes6.png

この「Set Gamepad Key」を押してください。


snes7.png


すると、上記のように、UP/Down/Right/Leftは割り当てられていますが、それら以外は割り当てられておらずnoneであることがあります。

白文字がこのアプリで使用できるコントローラのボタン、黄色文字がゲームパッドが割り当てられているボタンになります。

「Profile」をGeneric Gamepadに変更していれば、何かしら正しくボタンが割り振られていると思います。

もし、上記の画像のような場合の考え方としては、
Startボタンとして割り当てられているのは「none」です。
Selectボタンとして割り当てられているのは「none」です。
Aボタンとして割り当てられているのは「none」です。
(B,Y,Xボタンなども同様です)

なので、Startボタンの行をタップしてください。

すると、1行「Push key to set: Start」と表示されるかと思います。

日本語訳にすると、「Startボタンとして割り当てるコントローラのボタンを押してください。」という意味です。

ここでStartボタンを押すことで、やっとコントローラのボタンが割り当てられたことになります。

やっとスタートボタンとして機能するようになります。


この作業をメンドクサイのですがすべてのボタンに行ってください。

スーパーファミコンなので、A,B,X,Y,L,R,start,selectくらいあれば大丈夫かと思います。






たくさんボタンがあるコントローラの場合は、余っているボタンに様々な機能を割り当てることができたりします。




ソフトを起動※1



前に説明した「Load Game」をタップして、ROMを起動してみてください。

ゲームが起動するはずです。で、ボタンを触ってみてください。

コントローラもすでに割り当てられているので、スーパーファミコンと同じような操作感覚でプレイできるかと思います!

Let's プレイ!



あとは気の済むまで思う存分プレイしてみましょう♪
リメイク前に聖剣伝説3でもやってみようかなぁ。それかまだやったことのないFF6でもやろうかな…笑
blue8.jpg

コロナの影響で外出自粛の日々ですが、家でゲームでもして楽しく過ごしましょうね!

コメント0件

コメントはまだありません